特定非営利活動(NPO)法人全国もったいない市場は食品衛生上、問題の無い廃棄(予定)食品を引き取り、施設や生活困窮者へ食料支援をすることにより食品ロス低減を目指し、活動しています。

090-1154-5036食品寄贈・買取受付:平日10:30~18:30 お店は
こちら
メール 買取相談

“賞味期限切迫”・“賞味期限切れ”・
“規格外”の
販売困難な飲料・食品を
お譲り(売って)ください

私たちの活動について
NPO法人全国もったいない市場は
NPO法人日本もったいない食品センターへ名称変更を予定しています。(申請中:2019年9月予定)
より一層活動に尽力する所存ですので今後ともよろしくお願い申し上げます。
NOW MOTTAINAI
※ 数値は農林水産省:食品廃棄物等の利用状況等(平成25年度推計)時のもの

「本来食べられるのに廃棄される食品」
いわゆる「食品ロス(フードロス)」は、日本国内で
643万トンあると言われています。

近年ニュースにも登場する話題で、
食品ロスを減らす取り組みは
世界でも共通課題という認識となっています。

出典:農林水産省:食品廃棄物等の利用状況等(平成28年度推計)を加工して作成

日本全体で1,561万トンの食品廃棄がある中、
「食べられる状態」での廃棄は3割以上に上る現状で、
経済的にも非合理的な状態と言えます。

こういった状況があるにも関わらず、
世界では栄養不足の状態にある方もいらっしゃいます。

こと日本においても恒常的に食品を必要としている方々は
いらっしゃる現状の中、本来食べられる食品を
適切に取り扱い、廃棄されることなく消費されることが
必要だと考えています。

Column

皆さまは食品の「賞味期限切れ」についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
『食べられるんだろうけど、おなかを壊すんじゃないかな?』
なんとなくそのようなイメージがあるのではないでしょうか。

「賞味期限」や「消費期限」について、一度学んでみましょう。

INFORMATION
2019.07.01

[活動報告] 2019年6月の活動

[活動報告] ・今月も多くのメディアの方々に取材いただき、活動内容を取り上げていただきました。 テレビ大阪 やさしいニュースで当団体と代表の高津が取り上げられました。(6月5日放送) ...

MORE
2019.06.03

[活動報告] 2019年5月の活動

[活動報告] ・TBS Nスタで当団体と代表の高津を取材いただき、取り上げていただきました。 ・高校生、大学生による取材を4件受け、食品ロス問題と当団体の活動内容をお伝えいたしました。 ・新聞記...

MORE
2019.05.29

[活動報告] 2019年4月の活動

[活動報告] ・大阪市福島区移転に伴い、福島区長と面談し、活動のご報告と区内連携のお話をいたしました。 ・エコイート玉川店をオープンしました。 ・多くのテレビ番組や新聞各紙に取材いただき、活動内...

MORE
2019.03.22

[取材] 産経ニュースに掲載いただきました。

産経ニュース 「【近ごろ都に流行るもの】賞味期限切れ食品「20円」 食品ロスの究極対策」にて取材を受け、当団体のことも紹介されました。  ...

MORE